ハムスター・プレーリードッグとハムに負けちゃうへなちょこ猫と愉快な飼い主
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後の経過
2013年05月12日 (日) | 編集 |
かりんの手術から1週間が経った
カラーが瞬殺されて
毎日キズをいじったりしないか心配だったけど
特に気にすることもなく過ごしてくれた

土曜日は術後の経過を診せるために病院だ
らなんも一緒に行って出来物の状態を見て貰う
出かける準備するからかりんのケースの蓋のストッパーを外していた
ちょっと目を離した隙にかりん脱走

うにちゃんセンサー発動(☆ω☆)キュピーン
で、見張る
うに蔵がガン見してるので何か様子がおかしい事に気づいて
ケースの中をみるともぬけの殻∑(゚Д゚|||)

ぎゃーっどこに行ったーって慌ててケースの周りを見ると
近くからぴーって声が聞こえる
声がする方を見ると、お布団にするフリースのストックが入った袋から
ゴソゴソ言う音が聞こえる
覗いたら居たよ〜('A`)
自ら罠にはまってくれて良かった

もー、忙しい時に変なことしてくれるなよ
ぴきぴき_かりん術後7日1
だしてくださいでつ〜


雨降りの中、術後だから一緒のキャリーに入れられず
別々に連れていくから大荷物になっちゃったん

えっちらおっちら病院に到着〜
待合にはプレ友さんが居た
モルさんを連れて来てたから、らなんが代表して(?)ご挨拶
かりんもらなんもいっぱい撫で撫でしてもらったよ


診察開始
まずはかりん
体重はチェックし忘れた

術後の経過は良好
傷跡もカサブタになってキレイにくっついて居る

先生に褒められたよ(^^)
ぴきぴき_かりん術後7日3

ぴきぴき_かりん術後7日2
良かったね

抗生物質は終了だけど、再発の事があるから
一応3ヶ月分インターナチュラルをあげることにする
診察した時点では病理検査の結果が出てなかったから
後日電話で連絡するって事でおしまい

お薬終了で良かったね
ぴきぴき_かりん術後7日4
はやく かえるでつよっ


次はらなん
体重392g
ようやっと発情が終わったけど、かりんと別居してるせいか
縄張り意識がすごく強くてガブリエルです〜
デキモノの一番大きいヤツの横に出来た新しいのと合体して
別場所にあるのも合体しそうな感じなんです〜って報告
表面をちょっと傷つけちゃったけど
すぐに治る程度の物

近くにあった毛胞腫の方は針でプチッとしたら
ぴゅーっと勢いよく分泌物が出た
色もキレイで血も混ざってないからこっちは問題なし

ペニス脱と足腰の弱さの経過も悪くないようで
背中のデキモノの摘出の話をした
決行はかりんの状態が良くなってからだけど
近い将来手術しないとね〜('A`)

頑張ろうね
ぴきぴき_らなん病院
びょーいんは いやんでつ


家に戻ると自分の喘息の薬が残り少ないことに気づいた
午後の部が終わるギリギリに到着して何とか薬を貰えたよ
その間に病院から電話が入っていた
結果のことかと思って連絡すると診察中で話は出来ず
手が開いたところで電話して貰う事にして待つ

かりんの摘出した物の結果はらなんと同じで「扁平上皮癌」だった
摘出前にむにむに触った感触で予想してたから想定内の事だ
「腫瘍境界は明瞭です」ってことだったら一安心と思ったら
先生は他に気になることが書いてあるって言う
何だと思ったら、リンパ腫の反応(?)があって
転移の恐れがあるそうだ
リンパ腫・・・・ガーンガーンガーンガーン∑(゚Д゚|||)

今の所はインターナチュラルと抗腫瘍のレメディで
どこまで抑えられるか分からないけど
定期的に先生にムニムニチェックして貰って
早期対応出来るようにしないとね




おまけ
発病こそしてないけど大きな爆弾を抱えることになった事に
少なからずショックを受けてしまって気分がよれよれだった
ふと見たらこんなだった

りんご_ぷっすー1
ぷーぷーぷーぷー


うに_毛繕い1
んべろ〜ん



これからどう転ぶかわからんけど
お世話係は負けないぜ





ぽちっとな
にほんブログ村 小動物ブログへ
にほんブログ村 小動物ブログ プレーリードッグへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/12(日) 23:25:49 | | #[ 編集]
たくさんの子と暮らしてこられたぽんたさんが
気分がよれよれとは、かりんちゃんのことよりぽんたさんのほうが心配です。。。。
うちは、田舎のびょーいんなので、何もできず見守るのみですが
治療や予防等できることはありがたいけど、通院も術後とかも
肉体的精神的にあれこれ大変かと思います。。。。
けど、ぽんたさんにイケメン先生なら、鬼に金棒!
負けずにがんばってくださいー
く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!
2013/05/13(月) 12:57:58 | URL | まろまろ #t50BOgd.[ 編集]
むむー。。。
病院通いはストレスですよね。
先代のリチャは毎日通っていたんです。
で、大きな点滴注射をされて、もう自力でゴハンが食べれなくて水も飲めない状態だったのに必死でイヤイヤしてたのを
今でも思い出します。

かりんちゃんも、らなんくんも
大きな手術に耐えて、ぽんたさんの看病の甲斐もあって
回復しているようですし・・・
転移も、『可能性』の話ですし
もしもの状態を考えつつ、何もない事を祈りましょう!
ね!まもも応援しています!

まもも、らなんくんをナデナデしたいなー♪
2013/05/13(月) 21:34:17 | URL | まも #-[ 編集]
心配は尽きないけど・・・。
病院へ・・・そして手術と・・・大変なことが次々と続き、本当に大変だけど
とりあえず手術の経過もよく、かりんちゃんいい子だわぁ~。
それにお家にはぽんたさんを癒してくれる子がたくさんいるもの~♪
お世話係もまだまだ頑張らなくっちゃね!
それにしても病院に出かける前に脱走とは・・・・。
うにちゃんのセンサーって本当に凄いわぁ~v-221v-392
2013/05/13(月) 22:17:55 | URL | ひでやん&あやこ #NL852uQM[ 編集]
うわぁ~んv-409 かりんちゃん手術も頑張って傷も良好なのに・・・
リンパ種の反応はショックだね。でもまだ腫瘍化してないなら今のうちに免疫力UPだ!
2匹ともこんなに大切にお世話されてるのに試練が多すぎて辛いね。
まろまろさんのコメで思ったんだけど、病院がないのも、病院に恵まれても治療に追われるのも双方の苦労があるね。
私も前にどこまでの治療がその子の幸せかって悩んだよ。
動物は今を生きることだけを考えて頑張って、お世話係りはたくさん悩んで見守ってあげるのが役目かなって。
そしてペットである以上、飼育者がその子に良かれと選択する事はどれも最善だと思います。
ぽんたさん心が萎えると思うけどあまり深く考えすぎないで。ひとまず傷も綺麗だし今は手術の成功を祝いましょう!
2013/05/14(火) 09:40:58 | URL | さゆり #Ip/fgraw[ 編集]
がーんがーんって・・・(涙)
なんか、私もこういう時、結果が悪い方へ転ぶ事がおおいような気がするよ。
ぽんたさんのショックな気持ち、お察しします。
リンパ腫については今から心配しても、どうにもならなしね。
今を大事に一緒に過ごそう。
負けないぽんちゃん、好きだ♪
病気とうまく付き合って行きたいね。
2013/05/14(火) 12:25:07 | URL | Sacchan #-[ 編集]
ぽんたさん、おつかれさまです。
かりんちゃん、無事に再発することなく過ごして欲しいですね
去年毎日タンポポと病院通いだったので気持ちはよくわかります。ぽんたさんも、リチャさん達もおだいじになさってくださいね^-^
2013/05/17(金) 23:54:19 | URL | puredogs #j15/m7TY[ 編集]
鍵コメさん
電話口でしか結果を聞いてないので
どういう形でどういう風に見つかったのかは
まだよく分からないのですが、異形細胞が見つかったんでしょうね。
かりんの場合は、脇とかお股とかに腫瘍が出来る可能性があるということです。
リンパ節だから他にも何か出来ちゃうかもだけど
サプリメントで上手く抑えられてお付き合いが出来ていくと良いなと思います。
2013/05/20(月) 12:08:51 | URL | ぽんた #mWt2sFS6[ 編集]
まろまろさん
リンパ腫っていうと、亡きジャンのぷりんを思い出してしまうのです。
ぷりんは表面に出てなかったから、もやもやした中での治療でしたが
かりんがもし転移を脇かお股にしこりが出来るだろうってことだったので
お世話係のもにもにチェックでも見つけられるかもしれません。
でも先生の触診の方が安心なので、定期的に診て貰うようですね。

検査費とかは超高額でしょうけど、ウチの比較的近くに
動物用の高度医療センターなるものがあるのですよ。
http://www.jarmec.jp/
ここでの治療は難しいでしょうけど(お財布的に)
検査してイケメン先生に結果を診て貰って〜っていうのは
ありまもしれないので、お小遣い貯めておかなくちゃ(^^;)
2013/05/20(月) 12:24:45 | URL | ぽんた #mWt2sFS6[ 編集]
まもさん
リチャさん毎日通ってたんですか?Σ(゚Д゚;)
それは大変でしたね〜。
お世話係は少しでも楽になったらって思ってしまいますが
病院自体がストレスになってしまうからっていうのもあって
色々いつも葛藤してしまいます。

らなんももしかして同じなのかしらって思っちゃったり
先代のジャンハムぷりんが謎の病気(おそらくリンパ腫だった)で
頭を悩ませながら病院に通ったりしていたのを思うと悶々としてしまいます('A`)
かりんの術後に一応与えようって事になったサプリメントも
先行して貰ってたし、レメディもあげてるし、なんにもしてないよりかは
対応が出来てるような気がするので、きっと転移はしないよって
前向きに行こうと思います。

らなんは撫で撫でするとうっとり〜ってするんですが
今はガブガブ期なので、ヘンテコな場所をぷちっと噛まれますよー(^^;)
2013/05/20(月) 18:00:37 | URL | ぽんた #mWt2sFS6[ 編集]
ひでやん&あやこさん
爆弾は抱えることになってしまったけど
今回の手術は無事に済んだし、傷も綺麗になってきてるしなので
前向きに行こうと思います。
久しぶりの同居でどうなるかドキドキだったんですが
くっついて寝てくれたので、お世話係の癒しになってますよ。
次はらなんの再手術です。
もう暫く先ですが、頑張らねば。

うに蔵は小さい子センサーがどんどんバージョンアップしてる様です(^^;)
じーっと見るのが大好きなので、お世話係的には役に立ちます。
まあ、脱走は危険だから気を付けないといけませんがね
2013/05/20(月) 18:03:58 | URL | ぽんた #mWt2sFS6[ 編集]
さゆりさん
キレイに手術で摘出出来たけど、病理検査の結果はよろしくないけど
本リスはすっかり元気になって出せ〜いって暴れてます。
昨日かららなんと同居再開させてみましたが
ちょこっと小競り合いがあったけど、すぐに団子になってくれたので
本宅で同居再開しましたよ。
次は着々とでかくなって、他の所に出来たヤツも合体して
でかくなってるんだけど、傷が付かないように
用心しないといけないです。

何も出来ないなら出来ないで諦めも付くけど
何か出来るのならば出来るだけ楽にしてあげたいと思ってしまいます。
どこまでやるかどうかのさじ加減はお世話係次第ですがね。
あとからああすれば良かった、こうすれば良かったって言うのは
どうしても出て来てしまうけど、その時は精一杯やってるんだから
色んなお世話係の人達の、どんな対応でも間違いはないですよね。
2013/05/20(月) 22:53:39 | URL | ぽんた #mWt2sFS6[ 編集]
Sacchanさん
がーんがーんだよ〜('A`)
ジャンハムぷりんの時の印象があるから、もやもやした中での
お世話になるんじゃないかって不安もあるけど
表面に出てきてくれれば対処はしやすいかもね。
どっちにしても外科的処置は出来ないけどさ。

とりあえず、サプリメントとレメディをあげてどれだけ防げるかだね。
ずっとあげたことなかったバランスαと、
イヤンってされてたアニマストラスも復活して
ご飯に混ぜて食べさせよう
2013/05/21(火) 11:04:58 | URL | ぽんた #mWt2sFS6[ 編集]
puredogsさん
タンポポちゃんはホントに頑張り屋さんだったし
puredogsさんも毎日病院通いしていたし見習わなくては。
かりんもタンポポちゃんみたいに我慢強い子で居て欲しいな。
術後の経過は良かったから、ひとまずホッとしてますが
これかららなんの再手術や、転移とかのリスクとかあるけど
お世話係は頑張ります〜。
でもやっぱりトホホですね('A`)
2013/05/21(火) 11:07:35 | URL | ぽんた #mWt2sFS6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。