ハムスター・プレーリードッグとハムに負けちゃうへなちょこ猫と愉快な飼い主
うに蔵徒然
2010年01月03日 (日) | 編集 |
20100103010133
ビビリンなうに蔵。
ほとんど引き籠もりで、
椅子の下やカバーの下に潜伏してる。
へなちょこだなー
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
うにちゃん、前回はとっても勇ましそうな表情だったのに、
すっかりしおらしくなりましたね。
やっぱり、環境が変わるとビビリィになっちゃうんでしょうか。
まさに「借りてきた猫」という感じですね。

私はダンナの実家にお年始の挨拶に行った時、
飼われている犬に吠えられまくってビビリました。
耳に触ろうとしたら、「ガルル・・・」と、狼のように
睨まれちゃって、すごくこわかったですよ。
2010/01/03(日) 09:10:11 | URL | 紫芽路 #-[ 編集]
うにちゃん、かわええ・・・・・
私の母親が飼っていたもともと野良だった猫で
3匹の中で1匹はいつまでたっても、飼い主以外には
絶対に近寄りませんでした
それも性格なんでしょうかね・・・
でも、うにちゃん、いつもいい味だしてますのぉ~ww
2010/01/03(日) 13:58:55 | URL | まろまろ #t50BOgd.[ 編集]
これくらおとなしいからハムスタ軍団とも共存ができるのでしょうね^-^ なんだかうとうとしてるみたいでとても可愛く写っています!
2010/01/04(月) 22:12:31 | URL | puredogs #sSHoJftA[ 編集]
紫芽路さん
いやー、文字通り「借りてきた猫」状態でしたよ。
私が居た和室は何とか征服したようですけど
聞き慣れない物音とか、人の声とかワンコの声に
いちいち反応して物陰に隠れてました(^^;)
物怖じしない子は全然しないんですけど
うに蔵はビビリんなので狭い空間を見つけてむぎゅっと詰まってました。

ワンワンガウガウされると小さい犬だったとしても
ガブッとされそうで怖いですよね。
私は基本構いたがりなので、こういう反応されると
凹みそうです
2010/01/04(月) 23:42:57 | URL | ぽんた #mWt2sFS6[ 編集]
まろまろさん
うに蔵は最後までびびってました~(^^;)
椅子に掛けたカバーと椅子にむぎゅーっと入り込んで息を潜めてましたよ。

野良出身だと警戒心が強いから中々人にはなれないかもしれませんね。
野良さんでも懐っこい子はいるから、人それぞれ違うように
猫それぞれなんでしょうね。
2010/01/04(月) 23:46:42 | URL | ぽんた #mWt2sFS6[ 編集]
puredogsさん
そうですね~。
うに蔵はハム達が動いてるのを見てるのは好きですが
近寄ってこられると逃げちゃう様な子なので
ハム達と共存が可能なんだと思います。

このときのうに蔵は「うには石です」って感じで
じーっと息を潜めてました。
びびりすぎですな(^^;)
2010/01/04(月) 23:53:19 | URL | ぽんた #mWt2sFS6[ 編集]
あけましておめでとうございます。

うぅ~、ニャンコのこのお手々に弱いです、私。
かわいいなぁー。握手したいなぁー。肉球触りたいなぁー。

今年もどうぞよろしくお願いします♪
2010/01/05(火) 01:32:20 | URL | ぱぱんだ #Dh2WjGJk[ 編集]
あけましておめでとうございます~♪
今年もよろしくお願い致します☆

うに蔵ちゃん、ビビリなんですね~(笑)
猫って好奇心旺盛でアクティブなイメージがあるんですが、キャラも色々なんですね♪
2010/01/05(火) 10:41:18 | URL | こばすけ #EvmDRqhQ[ 編集]
ぱぱんださん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいしまーす(^^)

にゃんこのお手々私も大好きです。
握手や肉球ぷにぷには必須科目ですよね(笑)
今度うに蔵の肉球写真特集でもやりますね~w
2010/01/07(木) 11:44:46 | URL | ぽんた #mWt2sFS6[ 編集]
こばすけさん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします~。

うに蔵はかなりのビビリですよ。
他猫さんに比べると鈍くさいし、全然アクティブじゃないんです。
投げた丸めたティッシュとか頭にポコンと
当たるまでぽーっとしてるような子なんです。
キリリとした猫さんが多いですけど、うにはぼんやり系ですね(^^;)
2010/01/07(木) 11:47:17 | URL | ぽんた #mWt2sFS6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック